体重でなく脂肪を落とすダイエットをしよう

 

脂肪を減らすことが大切

1ヶ月で10キロ痩せた、 1週間で3キロ痩せた、こういった体験談が雑誌や広告にたくさん掲載されています。

 

特別なものだけを食べ続けたり、断食をするなどした結果のようです。

 

一定期間に体重を減らすだけなら、 1番簡単な方法は水抜きダイエットです。

 

ボクサーなどは試合前の計量に向けて、極端な水抜きダイエットをして、 5キロくらいは軽く落としています。

 

でもこのダイエットでは一定期間体重が減るだけで、本当の意味では痩せたことにはならないのです。

 

ダイエットで肝心なポイントなのは、脂肪を減らすことになります。

 

 

 

水抜きダイエットで体重を落としたとしても、水を飲めば必ず元に戻ってしまいます。

 

体内から水分が減ることと、本当の意味でのダイエットは関係ないのですね。

 

スポーツクラブやスーパー銭湯でサウナに入って、体重が3キロ落ちたと喜ぶ人がいます。

 

でも風呂上がりに水分を取ったり、家に帰ってビールを飲めばすっかり元通りですから、全くダイエット効果はありません。

 

サウナに入った後は必ず喉が乾きますから、水分をたくさんとることになります。

 

だからすぐに元の体重に戻ってしまうのですね。

 

サウナで大量の汗を流した後に体重が戻るからといって水分を我慢していたら、脱水症状になることになります。

 

参考ダイエットサイト⇒痩身エステ人気.biz

 

極端にカロリーを制限するダイエットでは、脂肪だけでなく、筋肉や骨など身体にとって必要な組織も失われてしまいます。

 

無理なくダイエットで一定期間希望通りの体重にすることができても、まず間違いなく痩せるのに使った期間より短い期間で元に戻るか、ダイエットをする前よりも太ってリバウンドすることになります。

目安は1ヶ月に1から2キロのダイエット

最近は体脂肪率を図る家庭用の測定器も人気があります。

 

それだけ大衆だけではなくて、脂肪の割合にも関心が高い人が増えているということですね。

 

人間の体は血液を含んだ水分、筋肉や、骨脂肪から出来ていますが、このうち脂肪は20%程度です。

 

この割合が30%を超えると生活習慣票の危険度が増えますから、ダイエットをしなければいけないと言う状態になります。

 

男性では20歳、女性では18歳以降、かなりの運動を続けていない限り筋肉量を増やす事は出来ませんまる

 

つまりその年以降を増えた体重は、ほとんど脂肪ということになります。

 

男性では20歳、女性では18歳に比べて、どれくらい体重が増えているかを見れば、脂肪量の増加分がわかるということですね。

 

参考ダイエットサイト⇒痩身エステを比較.biz

 

人間の体重は水分が50〜60%、筋肉が15〜20%、残りの15〜25%が脂肪から出来ています。

 

脂肪を減らすためには、脂肪をエネルギーとして使ってしまうことが必要です。

 

そのためには脂肪1キロを燃焼させるために、約7,000キロカロリーの熱量を消費しなければいけません。

 

ジョギングで考えれば、十数時間も走り続けなければ消費できないカロリーとなります。

 

そうやって考えれば、短期間で脂肪だけを落とす事は無理だというのがわかります。

 

1週間に1キロ、 1ヶ月に4キロが限界でしょう。

 

それ以上落とせば、必ず骨や筋肉が一緒に落ちてしまうのです。

 

 

 

人間の体は空腹が続くと防衛本能で基礎代謝が減るようになっています。

 

次に食べたものから必死で栄養を吸収して、出来る限り脂肪を蓄えようとするのです。

 

つまり太りやすい状態ということですね。

 

そしてリバウンドで増える体重は脂肪で、そのほとんどが内臓脂肪になります。

 

太っては痩せて、太っては痩せてを繰り返すと、体は用心深くなってどんどん脂肪が落ちなくなります。

 

だからダイエットを成功させるためには、健康的にゆっくりと痩せて、リバウンドを防ぐことが大切なのです。

 

参考ダイエットサイト⇒ダイエットエステランキング.biz

 

理想的なダイエットは、 1ヶ月に1〜2キロ程度の脂肪だけを減らしていくことです。

 

このダイエットをすればリバウンドを防ぐことができます。

 

ダイエットは体重を減らすよりも、減った体重を維持することがとても大切なのです。

目標設定する体重

ダイエットをするときに目標体重を決めるのは大切ですが、内臓脂肪が落ちたかどうかを知るには、 ctで体の輪切り写真を撮るしかないので、簡単に見る事は出来ません。

 

内臓脂肪は落ちやすいわけですから、体の変化で目標を設定します。

 

参考ダイエットサイト⇒痩身エステ岡山.biz

 

自分の体重と身長を正確に計ってbmi値を出します。

 

BMI=身長(m)×身長(m)=a体重(kg)÷a

 

男性も女性も22が標準値ですから、自分の数字と比較をします。

 

39歳以下でbmi値ら19未満ならダイエットする必要はありません。

 

でも脂肪率が男性で20% 、女性で25%以上の人、若いころより体重が増えているような人、それらの人は運動不足が考えられるので適度に運動をする必要はあります。

 

40歳以上の人は、 bmi値が21未満ならダイエットの必要はありません。

 

でも脂肪率が男性で25% 、女性で30%以上の人、若い頃より体重が5キロ以上太った人は、脂っこい食べ物や甘いお菓子、アルコール等を控えるようにして、適度な運動をする必要があります。

 

参考ダイエットサイト⇒痩身エステ名古屋.biz

 

目標体重=身長(m)×身長(m)×22

 

手軽に体脂肪率を図るには、家庭用の体脂肪計が便利です。

 

脂肪が落ちている事は実感できませんが、俺があれば体脂肪率の変化を確認することができるので、ダイエットをする間の励みにもなります。

 

家庭用の体脂肪計は、生体インピーダンス法と言う測定方法を使います。

 

脂肪は電気を通しにくいという性質がありますから、体内に電気を流して、その流れ方で体脂肪率を割り出すという方法です。

 

測定するには、時間帯や服装など同じ条件で測定するようにします。

中年になると太ってしまうわけは

中年太りという言葉があるように、中年になると若い頃よりも太ってしまうケースがとても多いです。

 

男性の場合は20歳までに、女性の場合は18歳までに筋肉や骨格が出来上がります。

 

その時期を過ぎてから増えた体重は、ほとんどが死亡と考えて良いでしょう。

 

よほど意識をして運動をしなければ、筋肉量を増やす事は出来ません。

 

体重が数キロしか増えていないとしても、それがすべて脂肪だったとしたら大変なことです。

 

間違いなく体脂肪率が高くなりますからねまる

 

摂取カロリーに気をつけて行ってのカロリーしか摂取しない人でも、若い頃と同じ摂取カロリーを保っていても、年齢とともに体重が増えていきます。

 

人間が1日に消費するカロリーは2種類

 

運動代謝・・・日常の動作や運動したときに使われる

 

基礎代謝・・・呼吸や体温保持てん血液循環など生命を維持するために必要

 

基礎代謝は25歳を過ぎた頃から徐々に減少していきます。

 

1日約10キロカロリー、1年で3500キロカロリー減ることになります。

 

脂肪を1キロ減少させるのに約7,000キロカロリーが必要なので、年々脂肪が0.5キロ分ずつ余ってくことになります。

 

だから食生活を見直さなかったり、運動をしないまま若い頃と同じ生活を続けていたのでは脂肪が増えてしまうのです。

 

参考ダイエットサイト⇒ダイエットエステ口コミ.biz

 

体の15〜20%を占めている筋肉が、芝生に比べて活発な組織で代謝が大きく、寝ているときでもカロリーを消費してくれます。

 

だから筋肉が多い人は、少ない人よりも相対車両が高くなるのです。

 

でも脂肪はほとんどカロリーを消費しません。

 

同じ体重な人でも、筋肉量の多い人と脂肪量の多い人では太りやすさ、痩せやすさが変わってくるのです。

 

年齢とともに基礎代謝が落ちますが、筋肉をつけることで基礎代謝量を上げることができます。

 

筋肉をつけるために運動が必要になるのはわかりますね。

 

参考ダイエットサイト⇒痩身エステ関西.biz

 

内臓脂肪型の隠れ肥満の場合は、体重に現れないことが多いのでなかなか食生活を見直すことがありません。

 

でも何もしない間にも脂肪は体内に蓄えられていきます。

 

体重が重くないということは、筋肉もたくさんないのです。

 

つまり基礎代謝量が少なくて、痩せにくい体だと言うことになります。

 

無理に食事を制限して、脂肪と筋肉を減らしてしまえば、あたとえ体重が減ったとしても、筋肉を落としてしまってはもったいないです。

 

運動で筋肉をつけながら、食事で脂肪を減らしていく。

 

内臓脂肪を減らすダイエットが、運動と食事を同時に取り組む必要があるのです。